2010年04月02日

自治体への「義務付け」見直し勧告 応じたのは401項目(産経新聞)

 政府は31日の地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)で、国が法令で地方自治体の仕事を規制する「義務付け」の見直し状況をまとめた。対象の751条項のうち、政府の地方分権改革推進委員会の勧告に基づき各府省が見直すと回答したのは401条項だった。6月作成予定の「地域主権戦略大綱」(仮称)に盛り込む。

【関連記事】
地方分権委、3年間の活動に幕
地方分権推進委が「政府批判」の声明を発表へ
橋下知事批判で阿吽の呼吸? 平松大阪市長と公明
地方への「義務付け」見直しを追加 公立高定員基準など751条項
橋下知事、中国総領事館の移転「一歩進んだ」

首相官邸の「KYカップル」? (時事通信)
大阪府議会が伊丹空港廃港を決議 大阪、兵庫で相反(産経新聞)
校長室で性的関係…江戸川の区立小前校長を処分へ(読売新聞)
線路に下りはねられる、東海道新幹線43本遅れ(読売新聞)
「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)
posted by サイキ シズオ at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。