2010年02月16日

「民主離党や議員辞職はせず」石川被告、議員活動継続を表明 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で起訴された小沢氏の元秘書で同党の衆院議員、石川知裕被告(36)は9日、保釈後初めて北海道帯広市で記者会見し「離党や議員辞職はせず、職責を果たしたい」と述べ、議員活動を続ける意向を表明した。

  [記事&写真]特集「陸山会」事件

 石川被告は会見で「(5000万円の裏金を石川氏に手渡したとされる)水谷建設から現金を受領したことはなく、意図的に虚偽の収支報告をしたこともない」とも述べた。

【関連記事】
石川被告の進退で「党の判断も」 鳩山首相が予算委で言及
与党が「個所付け」資料提出拒否 自民は審議拒否も
鳩山首相が小沢幹事長の続投を容認
社民・照屋氏「石川被告は自発的辞職を」
党利党略が最優先!?民主、石川被告を徹底擁護のワケ

健保法改正案を決定 国保法、児童扶養手当法も(産経新聞)
今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新(医療介護CBニュース)
元教諭、わいせつ行為認める(産経新聞)
<朝日新聞>大分、佐賀県で夕刊廃止 3月末で(毎日新聞)
<スノーボード授業>北海道初 札幌の小学校(毎日新聞)
posted by サイキ シズオ at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。